Menu

株式会社敷島ファーム
栃木県那須郡那須町高久丙1796

お問い合わせはこちら

ゼロカーボンビーフへの道 Ⅰ 〜早期出荷によるCO2排出量削減〜

ゼロカーボンビーフ

黒毛和牛は一般的に、生後30~32か月、場合によってはそれ以上の期間飼育され、枝肉出荷されます。敷島ファームでは生後30か月前後で出荷していました。

肉用牛業界では長年、生産者・購買者ともに肉質が落ちるなどの懸念から早期出荷自体が忌避されており、長期間肥育することにより肉質が良くなるとされてきました。ですが黒毛和牛は確実に改良されてきておりますので、必ずしも早期出荷=品質低下につながるとはいえない時代になってきました。また、肥育期間と温室効果ガス(GHG)排出量は連動しますので、GHG削減の観点からも、早期出荷は効果的となります。

そこで敷島ファームでは、品質・重量を落とさずに生後24~25か月で早期出荷により、GHGを削減するプロジェクトをスタートいたしました。

そして2021/2、ゲノミック評価による牛群改良や飼育技術の工夫により、枝肉重量・品質を向上させつつ、生後27.0か月での安定出荷を達成しました。これは飼育期間比15.6%の削減に相当します。

敷島ファームではGHG排出削減・SDGsを目的とした早期出荷のパイオニアとして、ゲノミック評価による改良と飼育技術による早期出荷によるGHG削減事業を推進していきます。また、専門機関との共同研究や計測システムにより、GHG削減効果を科学的な視点から検証する取り組みも同時に進めています。