Menu

株式会社敷島ファーム
栃木県那須郡那須町高久丙1796

お問い合わせはこちら

ゼロカーボンビーフへの道 Ⅱ 〜セルロース飼料「元気森森®」の給与開始〜

ゼロカーボンビーフ

養牛はゲップや糞尿堆肥から発生するメタンガスにより、地球温暖化の促進につながるといわれています。牛のような反芻動物は、微生物による消化管内発酵作用で養分を吸収しますが、その過程でメタンガスが発生しゲップとして排出されます。また、糞尿は発酵させ堆肥化することにより、肥料として利用可能となりますが、発酵過程でメタンガスなどの温室効果ガス(GHG)が排出されます。

敷島ファームでは以前より、日本製紙株式会社が国産パルプから製造した新たな飼料、高消化性セルロース飼料「元気森森®」を黒毛和牛へ給与する試験に協力していましたが、黒毛和牛への本格的な給与開始を決定しました。

セルロースは牧草の主成分で牛の主要栄養源です。製紙の工程で木からセルロースだけを抽出する工程があり、その工程で抽出された高純度・高品質なセルロースを飼料化したものが「元気森森®」となります。

一般的な牧草は難消化成分を含みますので、消化吸収率は50%程度といわれていますが、「元気森森®」は99.6%という高い消化吸収率(理論値)となります。この高い吸収率により糞便減少=GHG減少に期待されています。(実証試験中)

また、原料が国産木材になりますので、輸入飼料に比べ、輸送に起因する化石燃料由来のGHG削減やSDGsへの取り組みにおいても期待されています。